シュトラウス、シューベルト、ブラームスとのお散歩|ウィンナ・ホルンズ&アート・ブラス・オヴ・ウィーン

「シュトラウス、シューベルト、ブラームスとのお散歩」という副題から、3人の作品ばかりを集めたアルバムかと思ってしまうが、実際には18曲中の7曲だけで、オーストリア民謡からマーラー、ブルックナーやメンデルスゾーンなど多彩な作品がならんでいる。
そして、ウィンナ・ホルンズだけでなく、名目金管アンサンブルのアート・オブ・ブラス・ウィーンとのカップリングというのも特徴で、こちらが8曲。

  HMV >>>「シュトラウス、シューベルト、ブラームスとのお散歩」~ウィンナ・ホルンズ&アート・ブラス・オヴ・ウィーンicon

続きを読む

ブラームス:交響曲第1番 ハイドンの主題による変奏曲

けっこう遅いテンポ感ではあるが、余分な装飾やわざとらしさはなく、透きとおるような音楽にまるで吸い込まれていくような感じで、なんど聴いても心洗われる演奏。
日常生活の慌ただしさを忘れ、ゆったりと大人な時間を味わいたい人にオススメします。

  楽天ブックス >>>ブラームス:交響曲第1番 ハイドンの主題による変奏曲

続きを読む